「生」は何が違う?

ここでは、ローヤルゼリーの種類について、それぞれの特長を解説しています。

生ローヤルゼリーと乾燥タイプ・調整タイプとの違い

ミツバチイラスト

栄養成分の種類と量がもっとも豊富だといわれているローヤルゼリー。
その栄養成分は、アミノ酸を豊富に含んだタンパク質やミネラル、ビタミンなど実に40種類以上にもなります。

ローヤルゼリーは「王乳」とも呼ばれ、女王バチだけが食べることのできる食べ物です。
一生の間、ローヤルゼリーだけを口にする女王バチは、ローヤルゼリーを食べていない働きバチにくらべて、身体の大きさは2~3倍、寿命は20~30倍にもなるといわれています。
さらに、毎日1,500~2,000個もの卵を産むのですが、これは、女王バチの体重とほぼ同じ重量だそうです。
それほど栄養価の高いローヤルゼリーですが、花粉やハチミツを働きバチが食べ、体内で分解・合成して、ミツバチの唾液腺といわれる咽頭腺などから分泌されて作られます。

原材料は同じですが、ローヤルゼリーは加工法によって3つの種類に分類されます。

生ローヤルゼリー

ローヤルゼリーが蓄えられる王台と呼ばれる部屋を人工的に用意し、その人工王台から採取したローヤルゼリーをそのまま詰めたものが生ローヤルゼリーです。
人工王台にローヤルゼリーが溜まるまでの48~72時間の間に、ハチを取り除いて採取したもので、乳白色でクリーム状のものです。ひとつの王台から採取できるのは約300mgほどだといわれています。
ほかのローヤルゼリーと比べて価格が高く感じるかもしれませんが、生ローヤルゼリーは原液のまま瓶などに入っているものが多いので、コストパフォーマンスは悪くありません。
何の加工もされていないので、鮮度や純度、栄養価も高いのが特長です。しかし、温度や光によって変質しやすいので、保存には注意が必要です。

乾燥ローヤルゼリー

生ローヤルゼリーの水分を除去し、粉末状にしたものです。
しかしローヤルゼリーは熱を加えて蒸発させると栄養素が破壊されてしまうため、ローヤルゼリーを凍結させて真空中で水分を蒸発させる真空凍結乾燥法がとられています。
乾燥ローヤルゼリーは、瓶詰めされたり、カプセルに封入されていて、生ローヤルゼリーと比べて保存が利きます。

調整ローヤルゼリー

生ローヤルゼリーや乾燥ローヤルゼリーに、ハチミツや乳糖などの副原料や添加物を加えたもので、ローヤルゼリーが全重量の6分の1以上を占めていなければなりません。
生ローヤルゼリーや乾燥ローヤルゼリーと比べて価格も安く、もっとも多く流通しているタイプです。