HOME » おさえておきたい生ローヤルゼリーの基礎知識 » 期待できる効果【美容編】

期待できる効果【美容編】

ここでは、生ローヤルゼリーがもたらす美容面での効果についてまとめています。

生ローヤルゼリーの美容効果

生ローヤルゼリーには、美容面で次のような効果があります。

美肌効果

ローヤルゼリーには「類パロチン」という特有の成分が含まれています。
パロチンは女性が自然に分泌する女性ホルモンの一種で、細胞の新陳代謝を活発にして、若さを保つ役割があります。25歳くらいまではパロチンの分泌も盛んですが、その後は加齢とともに減少していきます。
このパロチンは唾液腺から分泌されるため、唾液が多いほど分泌も増え、消化吸収を助けたり、筋肉や骨、内臓の成長などを促して、若さを保つ働きをしてくれます。
類パロチンは、このパロチンの代わりをしてくれるのです。

肌の原料となり、新陳代謝を活発にする22種類ものアミノ酸やビタミンB群も豊富です。
肌の細胞の生まれ変わりを促進し、若々しい肌を保つ効果があります。
さらに、コラーゲンを生成するために必要なビタミンCの働きを促すパントテン酸も含まれています。
ローヤルゼリー特有成分のひとつである「ハイドロキシデセン酸」は、ストレス解消に効果があり、同じく「アセチルコリン」という成分は、自律神経を調整する働きがあります。
こうした成分によって、肌によくない影響を及ぼすストレスを解消してくれるのです。

アンチエイジング効果

ローヤルゼリーにはタンパク質の一種である「アピシン」が含まれていて、これには細胞の増殖を促し、細胞の寿命を延ばす働きがあるといわれています。
その効果は、一晩で細胞の数が5倍になるとも。
抗酸化作用もあり、活性酸素を除去して、細胞の老化を防ぐ働きがあります。
そのため、古くから若返りの秘薬として珍重されてきました。
また、「アセチルコリン」によって脳から筋肉への指令伝達が活発になり、肌はもちろん、身体の動きにも若返り効果があるようです。
類パロチンによって細胞の新陳代謝が活発になり、アンチエイジング効果が期待できます。